ブログ
blog

HOME > ブログ > 参考にしたい、おしゃれなフランスの田舎風インテリア -キッチン編-

参考にしたい、おしゃれなフランスの田舎風インテリア -キッチン編-

2022-12-31
+αのポイントが嬉しい、アンティークタイルが映えるキッチン2

ガーディアンホームは、お客さまとの信頼関係を大切に、藤沢・鎌倉・逗子・茅ケ崎・寒川の湘南エリアに密着した新築、リフォーム・リノベーションの住まいをお届けしています。

アンティーク照明にヴィンテージ家具やソファ、間接照明に照らされる本漆喰の柔らかな陰影が落ち着きのある北欧や南欧のインテリアによく似合います。

無垢フローリングに囲まれ、ゆらゆら揺れながら椅子に座り本を読むくつろぎのスローライフは、50代から60代にとって癒やしが感じられるリフォームのデザインです。

ガーディアンホームが手掛けるラフェルムには、フランスの暮らしを感じさせる魅力が詰まっています。

以前、住まいづくりを考えている皆様のご参考にしていただくために、天然石のモザイクタイルやアンティークな蛇口を取り入れた、プロヴァンス風のインテリアが好きな方におすすめの洗面所の実例をご紹介しました。

今回は、実例紹介のキッチン編です。

リフォームや新築をご検討される際のご要望は様々ですが、女性のお客様が特に気にかけられるのがキッチンです。

最近ではリビングとダイニングも含めたLDKのスタイルが多く見受けられますよね。

リビングの床や家具を選ぶように空間に合わせてキッチンもコーディネートすることで、更に空間に統一感が生まれて満足度も高まるので、ダイニングやリビングからもキッチンが見えるLDKでは特にこだわっていただきたいところでもあります。

今回も天然石を使ったモザイクタイルを取り入れるなど、フランスの田舎風インテリアにピッタリなアイデアが詰まった、こだわりのキッチンをご紹介します。

+αのポイントが嬉しい、アンティークタイルが映えるキッチン

最初にご紹介するのは、キッチンとダイニングの間に配置した、床から人の腰くらいの高さまである「腰壁」に飾り棚を作った実例です。

このタイプは、調理作業中の手元が隠せるのでキッチンを使っているときの生活感を見せたくないと考えている方におすすめのスタイルです。

リビング・ダイニング側からの視線を遮りつつ、飾り棚の奥の壁にタイルを入れることで、さりげなく空間のポイントになるので、機能性とデザイン性を兼ね備えています。

どなたでも取り入れやすいキッチンですね。

せっかく集めたアンティーク雑貨たちの飾り場所に迷ってしまうということ、ありませんか?

そんな方におすすめしたいもう一つのポイントが、この飾り棚の高さ!

ダイニングチェアに座るとちょうど目線の高さになるので、お気に入りのアンティーク雑貨を眺めることができるんです。

専用のスペースにお気に入りを飾れば、ただ食事をする日常の一コマが小さな幸せを感じていただける、とっておきのひとときに変わります。

造作で叶える木の温もりを感じるキッチン

造作で叶える木の温もりを感じるキッチン

おしゃれなフランスの田舎風インテリアで欠かせない素材のひとつが、木材です。

キッチンの扉やキッチンの背面に設置するカップボードや棚に、天井に使われているのと同じ木材を使うことで空間にグッと雰囲気が出てきますね。

キッチンに特にこだわりたい方におすすめなのが、造作キッチンです。

造作キッチンとは、それぞれの家に合わせて作られる一点モノのキッチンを指します。

造作キッチンは、デザインや素材、高さや幅、引き出しの形状など全てを自由に選択することができるので、よりお部屋の雰囲気に合ったキッチンを作ることができるのが特徴です。

キッチンから見えるリビングと同じ木材でコーディネートされているキッチンは、既製品を見慣れている私たちにとって、想像以上の特別感を与えてくれます。

キッチンに立っている時間が長い方は、造作で理想通りのキッチンを手に入れることでよりキッチンに立つ時間が楽しくなり、使うたびに新しい住まいへの満足感を感じていただけるはずです。

コーディネート次第で印象が変わる、システムキッチン

コーディネート次第で印象が変わる、システムキッチン

ガーディアンホームでは、デザインの自由度が高い造作キッチンのほかに、既製のシステムキッチンもご選択いただけます。

システムキッチンは、キッチンが丸ごと展示されているショールームに行けば体感できるので、使い勝手などを知ったうえで決めたい方におすすめです。

また、多くの人が使いやすいと思う仕様や性能が備わっているので「汚れにくい」「拭きやすい」といったような清掃性も魅力のひとつといえます。

多くの方が、キッチンを選ぶときに一度は検討されるシステムキッチン。

決められている素材や仕様から選ぶので造作に比べると自由度は限られますが、コーディネート次第でフランスの田舎風インテリアのお部屋にマッチするキッチンを叶えることができます。

キッチンやレンジフードは壁に馴染むホワイトでまとめられているので、後ろの収納や棚、キッチンの上に吊り下げているペンダントライトが映えるコーディネートです。

ダイニングやリビングからキッチン本体は見えないのでお部屋の雰囲気から浮くことなく、逆にシンプルにまとめることでキッチン以外の収納棚の木質感や照明などに視線がいきますね。

キッチンは家族の食事を担う、家の中でも大切な空間ですので、デザイン性だけでなく使い勝手などの機能性も重要です。

ご自身のライフスタイルに合ったものを選択することで、「このキッチンにしてよかった!」と納得できる住まいづくりを叶えることができます。

家具を選ぶようにキッチンをこだわってみる

キッチンはリビングについでこだわりたいという方が多いスペース。

キッチンがお気に入りになると、日々の家事も特別な日常に変わります。

お部屋だけでなく、ぜひキッチンにもこだわってみてください。

ガーディアンホームでは、住まいづくりの参考になる資料を準備していますのでお気軽にお問い合わせください。

資料請求