tel.045-900-1470 
お気軽にお問い合わせください。

〒230-0075 
神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-37-36
営業時間:9:00 ~ 18:00

HOME > スタッフブログ > リフォームで間取り変更をされる方へ!間取り変更の注意点についてご紹介します!

リフォームで間取り変更をされる方へ!間取り変更の注意点についてご紹介します!

2021-05-08

「リフォームで間取りを変更したい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

そこで今回は、リフォームで間取り変更をする際の注意点やポイントをご紹介します。

間取り変更をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□間取りを変更する際の注意点とは?

間取りを変更する際に注意すべきポイントを2つご紹介します。

1つ目は、撤去できない壁もあることです。

家の構造には、柱と柱を組み合わせて線で支えるものと、壁を組み合わせて面で支えるものがあります。

前者の場合は、比較的簡単に壁を撤去できます。

しかし、後者の場合は、壁が家を支えるのに重要な役割を果たしているので、撤去に制約があります。

2つ目は、管理規約についてです。

マンションをリフォームする場合、リフォームについての禁止事項や制限事項である管理規約を確認しましょう。

間取りの変更とは直接関係がなくても、床材の変更や窓の設置などが制限される場合があります。

また、よくある制限には以下のようなものがあります。

・カーペットや畳の部分をフローリングにすることは禁止

・外観は共用部分のため、窓の取り付けは禁止

・電気やガスの容量には制限がある

マンションのリフォームをお考えの方は、必ず管理規約を確認しておきましょう。

 

□間取りを変更する前には?

間取りを変更する前には、大きく分けて2つのことを考えておきましょう。

まずは、間取り図から生活動線をイメージすることです。

間取り図には、部屋の位置や広さ、部屋数、窓やドアの位置、方角などが記載されています。

これらの情報から、動線や家事のしやすさなどを予測できるでしょう。

次に、どんな目的で間取りを変更したいのか考えることです。

現状に不満がある部分を変えるためにリフォームをお考えの方が多いでしょう。

理想とする住環境のためには、どのような間取りにする必要があるのか、要望を書き出しておくことが大切です。

漠然としていても良いので、整理して伝えましょう。

また、予算によってリフォームの内容も変わります。

そのため、目的や要望には優先順位をつけておきましょう。

 

□まとめ

今回は、リフォームで間取り変更をする際の注意点や考えるべきポイントについてご紹介しました。

リフォームの際には、壁などの撤去が難しいものを考慮することも大切です。

また、間取り変更する前には目的や要望を書き出しておきましょう。

横浜でリフォームにお悩みの方はぜひ一度当社にご相談ください。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

0円リフォーム

B-plus

断熱リフォームの窓口

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.