HOME > スタッフブログ > キッチンリフォームするべき時期はいつ?検討するタイミングをご紹介!

キッチンリフォームするべき時期はいつ?検討するタイミングをご紹介!

2022-01-30

「システムキッチンはどれくらいでリフォームするべきなのだろう」
このようにリフォームするべき時期があまりよくわからない方が多いでしょう。
そこで今回は、システムキッチンの寿命やリフォームを検討するべき時期について解説します。
リフォームをお考えの方はぜひ参考にしてください。

□システムキッチンの寿命はどれくらい?

システムキッチンとは、ガスコンロやレンジフード、シンクや食器洗浄機などが合わさって一体化しているキッチンのことをいいます。
システムキッチンの寿命はおおよそ15年から20年だと言われていますが、実はそれぞれの設備によって若干変わってきます。
設備別の耐用年数は後ほどご紹介します。

もちろん、使用環境や使用頻度で寿命は前後しますので、実際はより長く使用できる可能性もあります。
しかし、いつも通り使えていると感じても内部では劣化が進んでいる場合がありますので、少しでも異変を感じたら早めに対処することをおすすめします。

□キッチンリフォームを検討するタイミングはいつ?

では、システムキッチンの寿命が来るまではリフォームを検討しなくても良いのでしょうか。
実は、寿命以外にもリフォームに適したタイミングがあります。
それは「設備や機器に不具合が見つかったとき」「使い勝手が悪いと感じたとき」「古いキッチンをリフォームしたいとき」の3つです。
それぞれについて詳しく解説します。

まずは、設備や機器に不具合が見つかったタイミングです。
具体的には排水が詰まっていたり、レンジフードから変な音が聞こえてきたりすることが挙げられます。
これらを放置していると機能的にも衛生的にも悪影響が大きくなっていきます。
単純に汚れているだけであれば掃除することで解決しますが、後々のことも考えるとリフォームを検討する方が賢明でしょう。

「不具合が起こっている部分だけを修理すれば良いのではないか」
このように思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、ある部分で不具合が起こっている場合、他でも不具合が起こる可能性が高いです。
なぜなら他の設備も寿命が迫っているからです。
一箇所だけ修理しても、他の部分が故障して最終的にはリフォームした場合と変わらない出費になることがあるため、全体的なリフォームを検討すると良いでしょう。

次は、使い勝手が悪いと感じたタイミングです。
キッチンは毎日使用する場所ですので、使い勝手が悪いと毎日のストレスの原因になります。
そのため、自分にあったキッチンを選ぶことが重要です。

もし、動線が複雑で移動しにくいと感じているのであれば、キッチンのレイアウトの変更を考えても良いでしょう。
大規模な工事にはなりますが、L型のキッチンにリフォームすれば二人でキッチンに立っても窮屈になりませんし、作業の効率が向上します。
また、対面型やアイランド型のキッチンにリフォームすることで室内に開放感がもたらされますので、広い土地を確保できなかった方は検討してみてはどうでしょうか。
家族構成やライフスタイルの変化によって使い勝手が変わってくると思いますので、そのタイミングでキッチンリフォームを検討してみても良いでしょう。

最後は、古いキッチンをリフォームしたいと感じたタイミングです。
最新のキッチンのカタログを見ていると、魅力的に感じることもあるでしょう。
実はそんなときこそリフォームを検討するタイミングです。
他のキッチンに魅力を感じるのは今のキッチンに満足できていないということです。
新しいキッチンに魅力を感じたら、古いキッチンをリフォームするベストタイミングだと言えます。

□設備別の耐用年数をご紹介します!

先ほども言いましたように、システムキッチンはガスコンロやレンジフード、シンクや食器洗浄機などさまざまな部品が一体化しています。
ですので、ここでは主な設備の耐用年数を順にご紹介します。

まずはガスコンロです。
ガスコンロの耐用年数は10年から15年程度です。
ガスコンロに火がつかなかったり、ついてもすぐに消えてしまったりする場合はリフォームを検討すると良いでしょう。
異音がする場合もリフォームもしくは交換を検討するタイミングです。

次はレンジフードです。
レンジフードの耐用年数は10年程度です。
フード周りの壁や天井が油で汚れていたり、ファンの回転が不規則になっていたりすると、設備に不具合が発生している証拠ですのでリフォームもしくは交換を検討しましょう。

次はシンクです。
シンクの耐用年数は10年から20年です。
設備がさびていたり、汚れが落ちにくいと感じたりしたらリフォームもしくは交換を検討しましょう。

最後は食器洗浄機です。
耐用年数は10年程度です。
食器洗浄機から異音がしたり水漏れが発生したりしたら、リフォームを検討すべきタイミングです。

□まとめ

今回は、システムキッチンの耐用年数とリフォームを検討するべき時期について解説しました。
当社は川崎市、横浜市周辺でお家のリフォームやリノベーションを行っております。
今回の記事でリフォームが必要だと感じた方はぜひご相談ください。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

B-plus

リショップナビアワード2020 ユーザー満足優良会社部門 ガーディアンズ株式会社

Guardian Home & Angeluxes

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.