tel.045-900-1470 
お気軽にお問い合わせください。

〒230-0075 
神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-37-36
営業時間:9:00 ~ 18:00

HOME > スタッフブログ > マンションで風呂リフォームをお考えの方へ!注意点を紹介します!

マンションで風呂リフォームをお考えの方へ!注意点を紹介します!

2022-03-19

「マンションで風呂リフォームを検討している」
「どんなことに注意すればよいのかな」
このようにお考えの方は多くいらっしゃると思います。
今の記事では、マンションで風呂リフォームする場合の注意点についてご紹介します。
ぜひ、最後まで読んでいってくださいね。

□お風呂の種類をご紹介します!

お風呂のリフォームを行う時は、どんな種類があるか知っておくとスムーズに進められます。
「在来工法」は好きなパーツを自由に組み合わせて好みのデザインに仕上げられます。
例えば、壁や床材にはコンクリートやモルタルの素材を使って防水加工を行い、木材やタイルで仕上げる方法があります。

選べる素材のバリエーションが豊富な点が特徴で、大理石やヒノキを使うことも多いです。
色やデザインが自由に選べるので、理想のお風呂を実現できる点が魅力的と言えるでしょう。
マンションでは床や壁の工事が制限されることが多いので、在来工法を選ぶ場合は実現できるかどうか確認してからリフォームを申し込みましょう。

ユニットバスは天井から床まで一体化されていて、既に作られたパーツを組み立てる風呂のことです。
壁や床、天井がくっついて一体化しているため断熱性に優れているだけでなく、水漏れの心配も少ないです。
マンション向けに作られた風呂の種類なので、マンションで風呂リフォームを検討している方におすすめです。

ハーフユニットバスは、床と浴槽、壁の下部分が一体化しているお風呂です。
ユニットバスの特徴である水漏れのしにくさをキープしつつ、在来工法のように壁や天井のデザインを変更できる点が特徴です。
マンションでリフォームを行う場合は、天井の工事に制限がかかってしまう可能性があるので注意しましょう。

□マンションの風呂リフォームでの注意点をご紹介します!

*マンションの規約内容や構造を確認

戸建て住宅でリフォームをる場合とは違い、マンションではリフォーム内容に制限がかかる場合があります。
共有部分や隣の部屋との境目部分はリフォームできず、「専用部分」と呼ばれる箇所のみリフォームが行えます。

専用部分でも、マンションの規約内容によってはリフォームに条件がかかるケースがあります。
マンションによって規約や細かい条件は異なるため、しっかり確認すると良いでしょう。
また、マンションによっては床下空間の高さによって水回りの移動ができるかどうか決まります。
マンションの状況によってもリフォーム内容に制限がかかる場合があります。

*マンション側の修繕時期を確認する

マンションでは定期的に共有部分の修繕を行っています。
マンション側の修繕時期と部屋のリフォーム時期が重なってしまうと、器材搬入時や運搬用の駐車場確保時にトラブルにつながってしまう可能性があります。
マンション側にあらかじめ修繕時期や内容を確認しておくと、工事期間が重ならずトラブルを未然に防げるでしょう。

*近隣トラブルに注意

マンションでリフォームする場合、近隣住民との関係性を意識しましょう。
風呂リフォームの場合、床や壁の解体工事の際にどうしても騒音が発生してしまいます。
また、配管工事の際に万が一水漏れが起きてしまった場合も対応しなければいけません。
事前に近隣住民にリフォームに関する情報や工事期間等を説明しておくと、トラブルを防止できるでしょう。

□実際の風呂リフォームの失敗例をご紹介します!

風呂の素材を変えた場合、カビが発生しやすくなったという失敗例があります。
風呂は家の中で最も湿気がこもりやすい場所です。
壁や床の素材を変えたことでカビだらけになってしまっては、リフォームしても後悔してしまいます。
風呂の壁や床には防カビ効果や抗菌効果がある素材を選ぶと良いでしょう。

新しい浴槽が狭くて後悔したという失敗例もあります。
機能性やデザイン性を重視した結果、以前の浴槽よりも狭くなり快適に入浴できなくなってしまったというケースです。
女性や子供が入浴する場合はちょうどよくても、男性が入浴すると窮屈に感じることもあります。
家族がいる方は、家族全員がゆとりをもって入浴できるサイズを選びましょう。

お風呂を広くしすぎた結果、保温性が下がって浴室が寒くなってしまうことがあります。
特に冬場は気温が大きく下がるので、とても寒く感じます。
また、浴室が広すぎると掃除が大変になってしまう場合もあります。
広い浴室には憧れますが、広くしすぎないようにしましょう。

最新の設備が整った風呂リフォームを行ったものの、使わない機能が増えてしまいメンテナンスが大変になってしまうこともあります。
最新の浴室にはたくさんの機能があるので、この機会に最新設備を導入したくなってしまいがちです。
掃除やメンテナンス等の手間まで考慮して選ぶことが大切です。

□まとめ

今回は、マンションで風呂リフォームをお考えの方へ注意点を紹介しました。
この記事を参考にしていただけると幸いです。
当社では、お客様のご要望に合わせたリフォームを実現いたします。
川崎市、横浜市周辺でリフォームに関してお悩みの方は、お気軽に当社にお問い合わせください。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

0円リフォーム

B-plus

断熱リフォームの窓口

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.