BLOG

ブログ

HOME > ブログ > 職人たちの想いを感じる、アイアンの魅力

職人たちの想いを感じる、アイアンの魅力

2023-02-25
職人たちの想いを感じる、アイアンの魅力

ガーディアンホームは、お客さまとの信頼関係を大切に、藤沢・鎌倉・逗子・茅ヶ崎・寒川の湘南エリアに密着した新築、リフォーム・リノベーションの住まいをお届けしています。

アンティーク照明にヴィンテージ家具やソファ、間接照明に照らされる本漆喰の柔らかな陰影が落ち着きのある北欧や南欧のインテリアによく似合います。

無垢フローリングに囲まれ、ゆらゆら揺れながら椅子に座り本を読むくつろぎのスローライフは、50代から60代にとって癒やしが感じられるリフォームのデザインです。

ガーディアンホームが手掛けるラフェルムには、フランスの暮らしを感じさせる魅力が詰まっています。

古くからヨーロッパでは、アイアンの丈夫さやデザインを自在に楽しむことができるため、インテリアや建築に広く用いられてきました。

特に、自由に形を変えられる特性を活かした、フランスアンティークならではの美しい曲線を用いた繊細な装飾は空間を華やかにするだけでなく、見る人を魅了してしまう不思議な雰囲気をまとっています。

今回は、そんなフランスの住まいには無くてはならないアイアンの魅力についてご紹介します。

フランスの片田舎でのスローライフを再現する住まい

南フランスの風景を日常の暮らしに再現することをテーマにしているラフェルム。

一番の魅力は、代々修繕を加えながら受け継がれてきたような、”真新しくない”深みのある住まいであることです。

リフォームや新築の住まいなのに”新しくない”というのもどこか矛盾していると感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、そんな住まいだからこそ、最初にお伝えしたような特別な日常を体感していただくことができるのです。

そんなラフェルムの住まいには、フランス産の天然石のタイルや、何度も塗り重ねることで温かみを感じる漆喰壁、職人手作りのアイアン部品など、ラフェルムに無くてはならない、住まいづくりへのこだわりがあります。

その中でも、繊細なデザインでありながらラフェルムのつくり出す空間のなかでも特に目を惹くのが、アイアンで作られた手すりや家具です。

一点モノだからこそ感じる職人の想い

一点モノだからこそ感じる職人の想い

アイアンは鉄でできたインテリアで、手すりや家具などによく使われています。

ラフェルムの住まいでもご検討いただくことが多く、冒頭でお伝えしたように上品な華やかさを空間に添えてくれるアイテムです。

アイアンは鉄を高温に熱し、何度も何度もハンマーで打ち続ける工程を繰り返していきます。職人さんがハンマーで打つ度に鉄の色が変わり、その都度、鉄自体の表情が変わっていくのです。

そして、ハンマーで打ち付けた独特の窪みが加えられることで、作業を行う前とは全く異なる、手作業ならではの温もりを感じるインテリアへと変貌を遂げます。

このような流れを経て生まれるアイアンインテリアは同じデザインに見えても、職人さんがひとつひとつ手作業でつくられるため、全く同じものはありません。

均一ではないからこそ感じる無骨な風合いが、趣のある住まいとなります。

また、直線だけでなく流れるような曲線を形作ることができるなど、デザイン力の幅が大きいのもアイアンの魅力のひとつ。

住まいの空間にどう取り入れるのか、決まった形はありません。

代表的な取り入れ方である手すりや棚の受け金具のほか、カーテンレールや空間を柔らかく区切るパーテーションのフレームなど、アイデア次第で、世界にひとつのオリジナルを作ることができます。

大きな住まいという空間の中でほんの一部分にだけでもこだわってみると「時間をかけて吟味した。」「どうするかたくさん迷ったけど、この部分はアイアンにしてよかったね。」など、それらを目にするたび住まいづくりの思い出が蘇ってくるはずです。

機能的で新しいものにはない魅力

機能的で新しいものにはない魅力

ラフェルムの得意とするインテリアテイストのひとつに、シャビーシックスタイルがあります。

「シャビーシック」はフランス語から派生した言葉で、シャビーは直訳すると古めかしいという意味ですがそこにマイナスな意味合いはありません。

むしろ、「古めかしいのが逆に魅力的なんだ!」というフランス人の古いものへの愛着を表現しているような言葉とさえ感じます。

先ほどもお伝えしたように、アイアンはその素材の特性上、均一ではなく、時間とともに色や質感が変化していくことで更に味わい深くなる魅力があります。

均一ではなく、色あせて経年変化を感じるアイアンは、機能的で新しいものに溢れている現代では異質を感じる存在ともいえます。

しかし、そんなシンプルで機能的なものに見慣れている現代だからこそ、アイアンに惹かれる人が増えてきたが増えてきたといっても過言ではありません。

心豊かな暮らしをお届けするための住まいづくりを

フランスと聞くと、花の都と表現されるパリのように、華やかな印象を持つ人も多いかもしれません。

しかし少し郊外まで足を伸ばせば、丘陵地帯で人々がつつましく暮らし、そこにはゆったりとした時間が流れている風景を目にすることができます。

そんな心が豊かになる、スローライフを叶えてみませんか。

「アイアンインテリアには憧れるけど、具体的なイメージが沸かない。」という方には、たくさんの事例からピッタリのものをご提案させていただきます。

住まいづくりに役立つ資料もご準備していますので、ご興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

maple homes

Guardian Home & Angeluxes

リショップナビアワード2020 ユーザー満足優良会社部門 ガーディアンズ株式会社

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.