tel.045-900-1470 
お気軽にお問い合わせください。

〒230-0075 
神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-37-36
営業時間:9:00 ~ 18:00

HOME > スタッフブログ > システムキッチンの種類には何がある?リフォームの際の注意点もご紹介!

システムキッチンの種類には何がある?リフォームの際の注意点もご紹介!

2022-02-23

「システムキッチンにはどのような種類があるのだろうか」
「どのようなことに注意してリフォームすれば良いのだろう」
このような疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
この記事では、システムキッチンの種類とリフォームの注意点をご紹介します。

□システムキッチンの種類をご紹介!

システムキッチンは、「壁付キッチン」と「対面キッチン」に大きく分けられます。
壁付キッチンはシステムキッチンと異なり、コミュニケーションはとりづらいです。
しかし、キッチンがもので溢れていても隠すことができ、料理スペースをコンパクトにまとめられます。

対面キッチンはオープンキッチンとも呼ばれ、新築のキッチンでよく採用されます。
対面キッチンの最大の特徴は、家族とコミュニケーションをとりながら作業できる点でしょう。
テレビを見たり、子どもの様子を見たりしながら料理ができますので、非常に人気です。
対面キッチンはさらに「アイランドキッチン」「ペニンシュラキッチン」「セパレート型キッチン」「I型キッチン」「L型キッチン」の5つの種類に分類されます。
それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

1つ目はアイランドキッチンです。
これはその名の通り、壁と密着することなく独立しているタイプのキッチンです。
キッチンの周りがオープンであるため、移動が非常に楽な点が特徴です。
そのため、ダイニングテーブルに料理を短距離で運べるでしょう。

ただ、アイランドキッチンを設置するには広いスペースが必要です。
そして、オープンであるがゆえに手元が見えやすく、散らかっていると生活感が丸出しになってしまうので注意が必要です。
アイランドキッチンを設置する場合は広いスペースを確保できているか、きれいに保てるかを考えておくようにしましょう。

2つ目はペニンシュラキッチンです。
ペニンシュラとは、日本語で「半島」という意味です。
アイランドキッチンは壁と密着していないのに対し、ペニンシュラキッチンは一面だけ壁と密着しています。
アイランドキッチンの注意点として広いスペースが必要になることを挙げましたが、ペニンシュラキッチンは一面が壁についているため、スペースを有効活用できます。

ただ、一面が壁に密着してしまう分、移動しにくくなることには注意が必要です。
オープンキッチンと聞くとアイランドキッチンが頭に浮かぶかもしれませんが、ペニンシュラキッチンの方がよく取り入れられています。

3つ目はセパレート型キッチンです。
これはシンクとコンロが別々になっているタイプのキッチンです。
セパレート型の魅力は何といっても複数人での作業が捗る点でしょう。
また壁に向かって作業できますので、集中して作業が行えるというメリットもあります。

4つ目はI型キッチンです。
これはコンロやシンクが一直線に並んでいるキッチンです。
このキッチンの一番のメリットは手元を隠せることでしょう。
キッチン前にカウンターができるため、セミオープンキッチンとも呼ばれています。
「キッチン周りの生活感をできるだけ隠したい」とお考えの方にはおすすめです。

また、キッチンで作業しながらリビングやダイニングにいる家族とコミュニケーションが取れるため、対面キッチンとしての機能も果たしています。
しかし、複数人で作業する場合は動線が重なりやすく、作業しづらい時がありますので注意しましょう。

5つ目はL型キッチンです。
これはキッチンをL字型に曲げ、シンクとコンロの位置関係が直角になっているキッチンです。
L字型になっているため、移動が非常に楽でスペースを有効活用できる点が魅力的です。
ただし、折り返し部分がデッドスペースになりがちなので注意しましょう。

□キッチンリフォームの注意点をご紹介!

キッチンリフォームで注意するべきなのは、「カタログ掲載価格が工事費用ではないこと」「元の場所からキッチンを移動させると費用が高くなること」「写真と実物は異なること」の3つです。
それぞれについて詳しく解説します。

まずは、カタログ掲載価格が工事費用ではないことを知っておきましょう。
なぜならカタログに掲載されている価格はキッチンの本体価格だからです。
これに工事費用がプラスされてトータルの費用となります。

次に、元の場所からキッチンを移動させると費用が高くなります。
位置を動かすということはダクトや給水管の移動、電気工事を行う必要があるからです。
これらの工事費用によって、想定以上のコストがかかってしまうことがありますので注意しましょう。

最後は、写真と実物は異なるということです。
カタログで見た写真と実物を見たときの印象は決して同じではありません。
実際に使用する際に使い勝手が悪くないか、収納部分の操作性は悪くないかなどを確認すると良いでしょう。

□まとめ

今回は、システムキッチンの種類とキッチンリフォームの注意点をご紹介しました。
皆さんはどのシステムキッチンを導入するのかイメージできたでしょうか。
それぞれのキッチンに特徴がありますので、それらを理解したうえで選ぶようにしましょう。
川崎市、横浜市周辺でリフォームをお考えの方はぜひ当社までご相談ください。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

0円リフォーム

B-plus

断熱リフォームの窓口

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.