tel.045-900-1470 
お気軽にお問い合わせください。

〒230-0075 
神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-37-36
営業時間:9:00 ~ 18:00

HOME > スタッフブログ > ユニットバスのリフォームをしませんか? totoとlixilを比較しましょう

ユニットバスのリフォームをしませんか? totoとlixilを比較しましょう

2021-11-23

「浴室をリフォームしたい」「ユニットバスについて詳しく知りたい」
この記事をご覧の方の中には、このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで、今回はユニットバスのリフォームをお考えの方に向け、TOTOとLIXILのユニットバスを比較しながら紹介します。

□お風呂の種類を紹介します!

お風呂には大きく分けて3つの種類があります。

1つ目は、システムバスです。

システムバスはユニットバスとも呼ばれます。
システムバスとは、浴槽や壁、床、天井などのパーツを家の中で組み立てるお風呂のことです。
断熱性、保温性にも優れています。

2つ目は、在来工法です。

在来工法は昔からある建築方法で、床や壁に防水加工を施した上に、モルタルやタイルなどを貼り付けます。
在来工法の最大のメリットはデザインの自由度が高いことです。
浴室のサイズや壁・床の内装、浴槽の種類などを自由に決められるため、浴室にこだわりたいという方に向いています。

ただ経年劣化による水漏れや腐食の心配があります。
タイルがひび割れたり、目地が取れたりすると、水漏れを起こし、マンションであれば下の階への漏水、戸建てであれば土台を腐らせてしまう危険性があるので注意が必要です。

3つ目は、ハーフユニットです。
ハーフユニットとは、浴室の浴槽より低い部分はシステムバスを、それ以外の部分には在来工法を用いる建築方法です。
浴室の下の部分はユニットバスなので高い防水性を持ち、壁の上部は在来工法なので全面ガラス張りやタイル張りなど、デザインやプランのバリエーションの幅が広がります。

*ユニットバスの特徴

浴槽にはFRP、人工大理石、ホーロー、木など、さまざまな材質が使われています。

ユニットバスの素材はFRPと呼ばれるガラス繊維強化プラスチックです。
耐久性が高いのに軽く、また防水性にも優れています。
汚れたり傷がついたりしても補修しやすいため、メンテナンス費用が安いというのもメリットです。

□TOTOのユニットバスのメリットを紹介します!

TOTOの浴室には3つの特長があります。

*お掃除ラクラクほっカラリ床

「お掃除ラクラクほっカラリ床」は、床の内側にクッション層があるため畳のようにやわらかいのが特長です。
また、断熱材の役割もあるので冬場のお風呂の床に足をつけた時もヒヤっとしません。
断熱クッション層の下に断熱床パンが敷いてあり、W断熱構造で室内と同じ温度を実現します。

*ゆるリラ浴槽

「ゆるリラ浴槽」とは、人間工学をもとに、人が自然とリラックスする姿勢になるように作られた浴槽のことです。
従来の浴槽は身体を支える面が少ないため、背中や首などに負担が大きくかかっていました。
そこで、TOTOは身体を支える面を頭、背中、お尻、足指の4点に増やすことで、今まで背中だけにかかっていた圧力を分散し、入る人をやさしく包み込む浴槽を考案しました。

*魔法びん浴槽

「魔法びん浴槽」の特長は、浴槽を断熱材と断熱防水パンでしっかり包み込むことで、追いだきや保温に使うエネルギーを抑えてくれることです。
4時間経過しても湯船の温度をキープできます。

□LIXILのシステムバスルームを紹介します!

LIXILのシステムバスルームの特長は、バスタイムをゆったりと過ごしながらリラックスできることです。

今回は3つの特長を紹介します。

1つ目は、「アクアフィール」です。
「アクアフィール」は、「肩湯」、「肩ほぐし湯」、「腰ほぐし湯」の3つの吐水機能で肩や背中をやさしくなでほぐします。
半身浴と組み合わせることで、程よい湯の刺激が温もりとリラックスを実現し、まったく新しい入浴体験ができます。
ベール状の湯の膜やウェーブ状の湯の流れが背や腰の筋肉をやわらげてほぐします。

2つ目は、「キレイサーモフロア」です。
「キレイサーモフロア」は、特殊な表面処理を床に施すことで、汚れの原因となる皮脂汚れを落としやすく、浴室のお掃除も簡単にできます。
また、さらに下に断熱層も敷いているため、足裏から奪われる熱が少なく、冬場でも冷たさを感じにくい構造となっています。
清掃性と快適性にこだわった床です。

3つ目は、「ホッとあたたか」です。
「ホッとあたたか」では、保温材と保温組フタのダブル構造で、4時間経過しても湯船の温度を保てるようになりました。

各メーカーのユニットバスの特長を比較しましたが、基本的な機能はそれほど違いはありません。
浴室を快適な空間にするためには、どんな浴室にしたいのかをイメージして、浴室に求める要素に合ったものをじっくり選んで決めていくことが大切です。

□まとめ

この記事では、TOTOとLIXILのユニットバスについて解説しました。
ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしながら、ライフスタイルに合ったユニットバスを選んでみてください。
川崎市、横浜市周辺にお住まいの方で、ユニットバスのリフォームをお考えの方はぜひ当社までご相談ください。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

0円リフォーム

B-plus

断熱リフォームの窓口

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.