tel.045-900-1470 
お気軽にお問い合わせください。

〒230-0075 
神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-37-36
営業時間:9:00 ~ 18:00

HOME > スタッフブログ > トイレのリフォームをしてみませんか?メーカーの比較をしましょう

トイレのリフォームをしてみませんか?メーカーの比較をしましょう

2021-11-17

トイレをリフォームする際、どのメーカーのどんな商品を選べば良いのか迷う方も多くいらっしゃるでしょう。
最近は、大きさや形、機能、お手入れのしさすさなど、多種多様なタイプのトイレが各メーカーから出ています。
そこで、今回はトイレのリフォームをお考えの方に向け、各メーカーのトイレの特徴を比較しながら、トイレの選び方について解説します。

□TOTOとLIXILのトイレのそれぞれの特徴を紹介します!

*TOTOのトイレの特徴

「トイレと言えばTOTO」というイメージを持たれている方も、きっと多いことでしょう。
TOTOは、温水洗浄便座「ウォシュレット」の開発で世界的に有名な大企業となり、今では日本のトイレ業界をリードしています。

まずは、TOTOのトイレの特徴を2つ紹介します。

1つ目は、「トルネード洗浄」です。
渦を巻くようなトルネード洗浄で、節水しながら汚れをしっかりと洗い流します。
汚物の付着しやすいエリアから便器の隅々まで、少ない水で効率的に洗浄します。

2つ目は、「フチなし形状」です。
フチなし形状は、汚れが溜まりやすい便器のフチ裏をなくしたTOTO独自の便器形状です。
今まで死角になって汚れが見えづらかったフチ裏がないので、簡単にお手入れできます。

続いて、TOTOの人気商品を紹介します。
「ピュアレストQR」は、トルネード洗浄・フチなし形状などの人気機能を合わせ持っています。
また、ピュアレストQRに次ぐ人気を誇る「ピュアレストEX」は、「リフォーム大賞2021」トイレ部門でランクインした実績もあり、高い評価を得ています。

*LIXILのトイレの特徴

LIXILはトイレ以外にもさまざまなカテゴリーで世界・国内でトップシェアを誇ります。
高いデザイン性を持ちながら手頃な価格の製品の品揃えが豊富です。

まずは、LIXILのトイレの特徴を2つ紹介します。

1つ目は、「アクアセラミック」です。
アクアセラミックの素材は、便器の黒ずみやくすみの原因になる水垢がこびり付かず、落ちにくい汚物の汚れも通常の水流で洗浄できます。
また、キズにも強い素材なので陶器の美しさを長く保てます。

2つ目は、「鉢内除菌」です。
プラズマクラスターイオンが便器内のすみずみまで行き渡り、見えないところまで除菌します。
また、消臭の効果もあります。

続いて、LIXILの人気商品を紹介します。

「アメージュZA」は、フチをなくした「フチレス形状」、鉢内除菌、便器のスキマ汚れの掃除ができる「お掃除リフトアップ」を採用しているため、日々のお手入れが簡単にできます。

□トイレの選び方を紹介します!

実際にトイレを選ぶ際は、価格やデザイン以外にも、あらゆる観点で比較する必要があります。
ここでは、タンクの有無と汚れにくさ、お手入れのしやすさについて解説していきます。

*トイレのタンクの有無

タンクとは、トイレの座面の奥にある、次に流す水を貯めている部分のことを指します。
ここ数年でタンクレスの製品が続々と登場しており、タンクをなくすことで見た目がスッキリして見え、さらに限られた空間を広く使えるというメリットがあります。

一方で、タンクレストイレの場合は、水を流す度に電気を使って水の流れを作り出さなければならないため、停電が起きた場合はバケツなどでトイレに水を流す必要があります。

なお、マンションの高層階など、水圧が低い場所には設置できない場合もあります。

*トイレの汚れにくさ、お手入れのしやすさ

トイレの清潔は保ちたいですが、できれば掃除をする回数は減らしたいですよね。
各メーカーはトイレの材質やコーティング、防汚機能を取り入れて汚れに強く、また掃除がしやすいトイレの開発に力を入れています。
そうした努力によって、従来の製品に比べてトイレ自体が汚れにくくなっているため、掃除をする頻度を減らせます。

□メーカー選びのポイントを紹介します!

トイレのリフォームを成功させるためには、信頼できるリフォーム業者に依頼することが大切です。
業者を選ぶ際には、2つのポイントに注意しましょう。

1つ目は、経験や実績をチェックすることです。
リフォーム業者のホームページで過去の実績や業績を確認することが大切です。
十分な実績があって有資格者がいる業者なら、豊富な知識と技術力のもとで施工してくれるため、安心して依頼できます。

2つ目は、建設業許可を受けているかチェックしましょう。
工事を依頼する業者が国土交通省の建設業許可を取得しているか確認しましょう。
建設業許可がなくても、リフォーム事業はできますが、業者の中には無許可で工事を請け負っているところもあり、後々問題になることもあります。

当社は豊富な経験と実績を持つ一級建築士による提案のもと、職人へ直接依頼をして施工しているので安心してご依頼いただけます。
また、建設業許可も取得しているため安心です。

□まとめ

この記事では、トイレの選び方について解説しました。
ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしながら、ライフスタイルに合わせたトイレを選んでみてください。
川崎市、横浜市周辺にお住まいの方で、トイレのリフォームをお考えの方はぜひ当社までご相談ください。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

0円リフォーム

B-plus

断熱リフォームの窓口

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.