ブログ
blog

HOME > ブログ > 参考にしたい、おしゃれなフランスの田舎風インテリア -洗面所編-

参考にしたい、おしゃれなフランスの田舎風インテリア -洗面所編-

2022-12-17
空間を彩るこだわりの照明とミラー

ガーディアンホームは、お客さまとの信頼関係を大切に、藤沢・鎌倉・逗子・茅ケ崎・寒川の湘南エリアに密着した新築、リフォーム・リノベーションの住まいをお届けしています。

アンティーク照明にヴィンテージ家具やソファ、間接照明に照らされる本漆喰の柔らかな陰影が落ち着きのある北欧や南欧のインテリアによく似合います。

無垢フローリングに囲まれ、ゆらゆら揺れながら椅子に座り本を読むくつろぎのスローライフは、50代から60代にとって癒やしが感じられるリフォームのデザインです。

ガーディアンホームが手掛けるラフェルムには、フランスの暮らしを感じさせる魅力が詰まっています。

「なんとなく、こんな感じがいいかも。」

このように、新しい住まいへの漠然としたイメージはあるのに、いざ打ち合わせが始まると

・イメージがわかない

・希望を聞かれてもうまく答えられない

こんな経験はありませんか?

実は、このような悩みを持っている方は珍しくありません。

そしてその悩みの多くは、事前に実例を収集しておくことで解決する場合があります。

実例を知っていることで、好みを発見するきっかけになったり、ご自身が選択する判断基準をつくることができるからです。

現在は、ホテルのようなスタイリッシュでモダンな洗面化粧台をよく見かけますね。

でもフランス南部の雰囲気を感じる、プロヴァンス風のインテリアがお好きな方におすすめしたいのは、天然石のモザイクタイルやアンティークな蛇口を取り入れた、どこか懐かしさや温かみを感じる洗面化粧台です。

そこで、皆様の住まいづくりのご参考になるよう、今回は洗面所に絞ってご紹介します。

空間を彩るこだわりの照明とミラー

洗面所や化粧台の周りをさらにおしゃれに、そして使うたびに嬉しくなる、そんな気持ちにしてくれる、洗面所にはなくてはならない照明とミラー。

洗面所と聞くと、洗面台が主役と思われがちですが、目線の高さにあるミラーは、洗面所に入った時に一番最初に目が行きがちのため空間を印象付けるポイントのひとつです。

また照明は、光の映り方が空間全体を包み込む為、空間の雰囲気に大きく影響してきます。

そこで、照明とミラーにこだわったコーディネートの実例をご紹介します。

扉の色とミラーの枠やその隣の棚が同じ淡いカラーで統一されていて、優しい雰囲気の洗面所です。

カラーを控えめにまとめることで、ミラーの上に設置されている、お花のようなひらひらしたシェードの照明が映えていますね。

洗面所にピッタリな、さわやかでそれでいて女性らしい上品でかわいらしい空間にコーディネートされています。

まるでフランスの海外ドラマにあるようなワンシーン、まさに憧れの洗面空間です。

パッと目を引く、華やかなデザインタイルが枠に使われているミラーが印象的な洗面所。

昔のミシン台を洗面台として使う発想も、遊び心があって素敵ですね。

本当にフランスの田舎の家へ遊びに来たと感じるような、異国情緒あふれるコーディネートは使うたびに明るい気分にさせてくれます。

タイルが目を引く造作洗面台

タイルが目を引く造作洗面台

ガーディアンホームが得意な造作の洗面台の魅力は、パーツの組み合わせ次第でお好みの洗面空間にできること!

既製品の洗面台もおしゃれで素敵なデザインのものはたくさんありますが、「使い込まれたような古めかしい美しさ」が魅力なフランスの田舎風インテリアには、素材や色・形を一から造り上げる造作ならではの雰囲気がとてもマッチするんです。

今回は、造作の中でも特に人気があるタイルをたくさん使った洗面台をご紹介します。

鮮やかなオレンジ色のタイルが使われている、洗面台です。

「元気」「明るい」などポジティブな印象を持つオレンジが使われている洗面台なら、「その日一日、なんだかいいことが起こりそう」と楽しい気分で朝の身支度ができそうですね。

色ムラがあるタイルは、一枚一枚表情が異なるのでハンドメイドならではの温かみを感じます。

洗面台はラフェルムでは定番のスタイル

先ほどとはガラッと雰囲気が異なり、落ち着いたカラーがおしゃれなタイルがたくさん使われた洗面台はラフェルムでは定番のスタイル。

ブラウンのモザイクタイルは、全面に使われていてもうるさくならず、それでいて存在感はしっかりあるので、洗面所にこだわりたい方におすすめです。

このようなくすみカラーは、男性の方や幅広い年代の方に好まれやすいコーディネートです。

細部までカワイイ、アンティーク金物

細部までカワイイ、アンティーク金物

洗面室に限らず、「なんか素敵だな」と感じる住まいに共通するのが”細部にこだわっている”こと。

洗面室でいう細部とは、水栓やタオル掛けなどのアクセサリー類です。

レストランやカフェなどのトイレで、個性的でおしゃれなものが取り付けられているのを見かけたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

最後の仕上げとして、ぜひ水栓やタオル掛けにお気に入りのアンティークデザインのものから選んでみてはいかがでしょうか。

水栓やタオル掛けにアンティーク調なデザインのものが使われています。

扉の窓についているアイアン風のデザインや色と統一感があって、空間にまとまりが生まれていますね。

落ち着いてシックな雰囲気ですが、どこかほっと安心できる、アンティークならではの温かみも感じていただける空間にコーディネートされています。

コンパクトな手洗スペース

空間の一角に設けた、コンパクトな手洗スペースです。

水栓やタオル掛け、配管部分が真鍮のような素材で統一感があります。

後から置かれた、ソープディスペンサーも雰囲気にぴったりですね!

このような小範囲に限られているスペースこそ、素材やカラーを抑えることですっきりとした印象の、洗練された空間になります。

ちょっとしたスペースにもこだわりを詰め込むと、使うたびに気分が上がり、日常生活から小さな幸せを感じていただけるはずです。

ポイントを抑えて、洗面室のコーディネートを楽しもう

幅広い世代に注目されている、フランスの田舎風インテリア。

リビングなどのお部屋はなんとなくイメージ出来ていても、その部屋の雰囲気に合う洗面所をどうしたらいいのか悩んでしまうというお声を聞くことがあります。

“事例”の引き出しを増やすことで、「私はこうしたい!」というイメージがふくらんでくるはずです。

ぜひ今回ご紹介した事例をご参考に、あなただけのオリジナルの洗面室を想像してみてくださいね。

ガーディアンホームでは、住まいづくりのご参考になる資料をご準備していますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

資料請求