tel.045-900-1470 
お気軽にお問い合わせください。

〒230-0075 
神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-37-36
営業時間:9:00 ~ 18:00

HOME > スタッフブログ > 収納にお困りの方はいらっしゃいますか?キッチンリフォームの収納についてご紹介

収納にお困りの方はいらっしゃいますか?キッチンリフォームの収納についてご紹介

2022-01-23

キッチンには、たくさんのものを収納しますよね。
よって、キッチン用品の収納にお困りの方も多いのではないでしょうか。
本記事では、キッチンリフォームを控えている方へ、キッチンの収納を増やすリフォームのポイントをご紹介します。
収納の多いキッチンにするにはどの程度の費用が掛かるのかも合わせてご確認ください。

□キッチンリフォームで収納を増やす方法

キッチンリフォームで収納を増やすためには、4つの方法があります。

1つ目が、吊り戸棚を取り付ける方法です。
この方法は、皆さんが簡単にDIYで行えます。
コストを削減して、なるべく早く収納を増やしたいという方におすすめの方法です。
天井の下地が木材で、空くスペースがある場合は、ご自分で吊り戸棚を取り付けられます。

吊り戸棚の注意点は、重量制限があることでしょう。
そして、高いところに取り付けるので踏み台も必要になります。
吊り戸棚を使用する際には、上記の注意点を意識すると使いやすい収納となるでしょう。

2つ目が、背面収納の設置です。
家電を置くスペースが無くお悩みの方や、キッチンの通路が広めの方におすすめの方法です。
背面キッチンを設置する際には、リフォームが必要ですので、キッチンの広さや予算に余裕がある方はぜひ背面収納を取り付けてみましょう。

背面収納は、奥行きや高さの自由度があるため家電や大皿を収納できます。
家電の置き場にお悩みの方はぜひ背面収納を取り付けてみましょう。
ただし、背面キッチンの扉の開き方は注意が必要です。
もしも、通路幅に余裕がない方はフルオープンタイプではなく引き戸タイプを選ぶとよいでしょう。

3つ目が、床下収納の設置です。
床下収納は、キッチンの見栄えを気にされる方におすすめの方法です。
オープンキッチンのご家庭はキッチンが丸見えのため、キッチンの見た目を気にされる方が多いようです。

そこで、床下収納にすることで、見えない場所に収納を増やせます。
また、収納スぺ―スを作ることにより、キッチンが狭くなるのも避けられるでしょう。
ただし、分譲マンションにお住いの方は、このリフォームが不可能となる場合もあります。
一戸建ての方におすすめの方法ですので、分譲マンションにお住まいの方は他の方法をご検討ください。

4つ目が、収納設備の交換です。
収納設備とは、キッチンの戸棚等を指します。
これらは、時間の経過とともに劣化します。
よって、長くお使いの場合はリフォームの際に交換することをおすすめします。

また、キッチン設備の収納力に不満がある方も収納力の高いものにすることで利便性が高まるでしょう。

□背面キッチンにリフォームする際のポイント

背面キッチンにリフォームする際に、注意するべきポイントについてご紹介します。

1つ目は、背面キッチンの奥行きを広くとりすぎないことです。
奥行きは、置きたい家電やお皿の大きさ程度にとどめておきましょう。
奥行きを広くとりすぎて収納が複数列になると、食器をしまいにくくなるでしょう。

2つ目のポイントは、出し入れのしやすい配置にすることです。
取っ手の位置が低い、または仕分けがしにくい戸棚は、大変使いにくいでしょう。
そのため、設計する際に、棚の位置や収納の大きさについて検討しましょう。

3つ目のポイントは、棚の高さを自由に変えられるタイプのものにすることです。
お皿の種類によっては、一部の段に入らないというハプニングもあるでしょう。
上手に収納をする為にも、背面収納の棚の高さは自由に調整できるものにしましょう。

4つ目のポイントは、引き戸タイプの扉にすることです。
背面収納の扉選びは、キッチンの使いやすさに直結します。
フルオープンタイプの収納であると、通路を通る時に邪魔になってしまうので、引き戸タイプを選ぶのがおすすめです。
一番費用が安いのはオープンタイプですが、油や水が飛び跳ねないように背面収納には扉をつけておきましょう。

5つ目のポイントは、背面収納の一部をカウンターにすることです。
先程のポイントと似ていますが、油や水撥ねから守るものは扉の中に入れ、それ以外の家電をカウンターに置くと使いやすくなるでしょう。

□背面収納を後付けする場合の費用

リフォームする際に、背面収納を後付けしたいという方もいらっしゃるでしょう。
背面収納の後付けリフォームには、20万円から30万円程度の費用が必要となります。

ただし、上記の費用は目安であり、使用する素材やサイズ、オプション、施工業者によって異なります。
皆さまが理想とするデザインや費用で施工できるかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

□まとめ

この記事では、キッチンの収納についてご紹介いたしました。
毎日使う場所だからこそ、こだわりを持ってリフォームすることで、家事がよりいっそう楽になりますよ。
収納するものが多い方は、ぜひ収納力を増やすリフォームをご検討ください。
キッチンリフォームについてご不明な点がございましたら、当社までお気軽にご相談ください。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

0円リフォーム

B-plus

断熱リフォームの窓口

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.