tel.045-900-1470 
お気軽にお問い合わせください。

〒230-0075 
神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-37-36
営業時間:9:00 ~ 18:00

HOME > スタッフブログ > リフォームで外壁を一新してみませんか?外壁の種類についてご紹介します!

リフォームで外壁を一新してみませんか?外壁の種類についてご紹介します!

2021-04-30

「今の家の外壁を一新してみたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

外壁は家のイメージを左右する大きなポイントですが、変える機会は多くないでしょう。

しかし、リフォームで外観を一新すると気分も変わります。

そこで今回は、外壁材の種類や選び方をご紹介します。

□外壁材の種類をご紹介!

外壁材の種類を4つご紹介します。

1つ目は、窯業系サイディングです。

板状の外壁材を総称したもので、品質が安定していることが特徴です。

近年の住宅では最も多く使用されている素材です。

コストや機能性が優れており、様々なデザインの選択肢があり、施工も比較的容易にできます。

2つ目は、金属系サイディングです。

これは、金属板を成形、加工して柄つけした後、断熱材で裏打ちされた外壁材のことです。

メンテナンス周期が長いことや、浸水、ひび割れなどの心配がないことがメリットとして挙げられるでしょう。

3つ目は、モルタルです。

モルタルは、セメントと砂と水を混ぜ合わせたものを指します。

防火性が高いことや、モルタルを塗った後に吹付け塗装をしたり漆喰を塗ったりと、デザインの自由度が高いことがメリットとして挙げられるでしょう。

デザインにこだわりたい方におすすめの外壁材です。

4つ目は、タイルです。

粘土を主成分とした原料を板状にして焼き固めた外壁のことです。

タイルは、耐久性に優れており、経年劣化もほとんどありません。

耐久性を重視したい方におすすめです。

この他にも、外壁材にはさまざまな種類がありますので、ご自身のイメージに合うものを選びましょう。

 

□外壁材の選び方はどうすればい良い?

外壁材をどうやって選べば良いかわからないとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで、外壁を選ぶポイントをご紹介します。

まずは、重視したいポイントを明らかにすることです。

例えば、「外壁の色や柄のイメージが決まっている」「費用をおさえたい」「メンテナンスがあまり必要ないものを選びたい」などが挙げられます。

これらを明らかにすることで、選ぶべき外壁材も絞れます。

もし、こだわりがない場合は、窯業系サイディングを選んでおくと良いでしょう。

窯業系サイディングは色や柄も豊富にあるため、好みのものを見つけられる可能性が高いです。

 

□まとめ

今回は、外壁材の種類や決め方のポイントを紹介いたしました。

外壁には多くの種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

そのため、ご自身の重視したいポイントを明確にし、合ったものを選びましょう。

横浜市・川崎市でリフォームをお考えの方はぜひ一度当社にご相談ください。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

0円リフォーム

B-plus

マイベストプロ神奈川

断熱リフォームの窓口

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.