tel.045-900-1470 
お気軽にお問い合わせください。

〒230-0075 
神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-37-36
営業時間:9:00 ~ 18:00

HOME > スタッフブログ > リフォームと建て替えの違いをご存知ですか?詳しくご紹介します!

リフォームと建て替えの違いをご存知ですか?詳しくご紹介します!

2021-09-11

住宅の改修が必要になったとき、リフォームと建て替えで迷われる方が多いです。
この記事をご覧の皆様もそのようなお悩みを抱えているでしょう。
そこで今回は横浜にお住まいの皆様にリフォームと建て替えの違いやそれぞれのメリット・デメリットを解説します。
この記事を読むことで、最適な改修方法が分かるはずです。

□リフォームと建て替えの定義をご紹介!

そもそもリフォームと建て替えの意味について詳しくご存知でない方もいらっしゃるでしょう。
ここでは2つの定義を詳しく解説します。

リフォームは基礎部分を残したまま部分的に改築や増築を行い、新築のような姿にする改修工事のことを言います。
例えば当社が得意な水回りを交換したりデザインそのものをかっこよくさせたりするようなプチリフォームや、全てを一新させるフルリフォームなど施工範囲は多岐に及びます。

一方で建て替えとはリフォームとは違い基礎部分を取り壊して新たに住宅を建築する工事を指します。
また全ての住宅がこのような工事ができるとは限らず、建築基準法による様々な成約があるので事前に再建築不可物件かどうかの確認をしましょう。

□リフォームと建て替えのメリット・デメリットをご紹介!

上記では2つの定義について解説しましたがご理解いただけたでしょうか。
ここでは2つのメリット・デメリットを紹介するので、よりご自身に適した工事方法が明確になるでしょう。

リフォームのメリットの1つ目は工事期間が短いことです。
基礎部分を残したまま行うので解体する必要がなく、比較的短い工期で完了します。
ただ基礎部分以外の解体は必要なので、解体費用が全く発生しないということではありません。

2つ目は住み慣れた家のまま改修できることです。
愛着のある住居が跡形もなく変えられてしまうと少し寂しいですよね。
リフォームは前住宅の面影を残しつつ、優れた機能やおしゃれなデザインを取り入れられるので満足感を得られるでしょう。

一方デメリットは間取りの変更に制約があることです。
構造体を残したまま改修するのでどうしても希望通りの間取りを設計しにくいという点が難点でしょう。

建て替えのメリットは理想の間取りに変更可能なことです。
既存の構造に制約を受けないので自由に間取りを変更できます。
またデメリットとしては新築と同様の工期や手間がかかる点です。

□まとめ

この記事では、リフォームと建て替えの違いを解説しました。
リフォームは部分的に新築の状態に戻すことですが、建て替えは基礎部分を壊して新たに住宅を建てることです。
またそれぞれメリット・デメリットがあるので要望に沿って選択しましょう。
この記事をリフォームの参考にしていただけると幸いです。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

0円リフォーム

B-plus

断熱リフォームの窓口

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.