HOME > スタッフブログ > キッチンリフォームを検討している方必見!後悔しないキッチンリフォームをご紹介

キッチンリフォームを検討している方必見!後悔しないキッチンリフォームをご紹介

2022-01-17

キッチンリフォームを検討されている方はいらっしゃいますか。
キッチンリフォームには、成功例もありますが、失敗してしまった例もあります。
本記事では、キッチンリフォームを控えている方へ、キッチンリフォームの失敗例をご紹介します。
キッチンリフォームで後悔しない為に、知っておくべき注意点をご確認ください。

□5つの失敗例

キッチンリフォームで失敗してしまった例の5つの特徴を紹介します。

1つ目は、予算を下げすぎて安っぽいデザインになってしまったという例です。
壁や床等に安い素材を使うことで、どうしても安っぽいデザインになるでしょう。
ある程度の予算の範囲内で業者とデザインについて相談した上で施工をしましょう。
低予算を目指される方も多いですが、それ以前にキッチンの機能性とデザインも大切にしてください。

2つ目は、キッチンに日光が当たらなくなり暗くなってしまったという例です。
キッチンリフォームをする際に、窓際から日の当たらない場所に移してしまう場合もあるようです。
キッチンを窓際から離してしまうと、太陽光が当たりにくく暗い雰囲気となります。
キッチンを移動することを検討している場合は、移動後の日の当たり方を確かめておきましょう。

3つ目は、キッチンの高さが低いという例です。
キッチンの高さは、自分が使いやすい高さにしましょう。
料理をするときにかがんでしまうような高さであると、腰を痛めてしまいます。

身長と腰の位置にフィットしたキッチンを選びましょう。
実際に立ってみて違和感を感じないかを事前に確認すると良いでしょう。

4つ目は、スペースが狭すぎるという例です。
お子さまの数が多いご家庭だと、キッチンに洗い物がたくさんたまるでしょう。
それを洗う際に十分なスペースがないと、家事のストレスがたまります。
通路を通りやすく、調理をしやすく、洗い物をしやすくするために十分なスペースを確保できるようにしましょう。

5つ目は、ごみ置き場がないという例です。
キッチンにはごみ箱を置くスペースが必須でしょう。
しかし、リフォームをする際にそこまで頭が回らずに、ごみ箱を置くスペースがないという例があります。
施工前に、ごみ箱を置くスペースがあるのかを図面で確認しましょう。

□後悔しないシンクのリフォームをする為のポイント

背面キッチンにリフォームする際に、注意するべきポイントについてご紹介します。

1つ目は、シンクの形を四角かかまぼこの形にすることです。
四角の形のシンクは、三角コーナーを置くスペースがとりやすく、シンクの容量も大きいです。
かまぼこ型は、汚れがたまりにくい構造で、デザイン性も優れているでしょう。
三角コーナーを使用しない方は、四角型ではなくかまぼこ型をおすすめします。

2つ目のポイントは、シンクの深さを20センチメートル~25センチメートルにすることです。
シンクは深くしすぎると姿勢が悪くなり使いにくいですし、浅くしすぎるのも水が跳ねやすく使いにくいです。
実際にシンクの高さと深さを目で見て選ぶと良いでしょう。

3つ目のポイントは、シンクの位置を調理スペースが45センチメートル以上確保できるような位置に設置することです。
調理スペースでは、食材を切ったり、お皿を乾かしたりするでしょう。
このスペースを十分に確保できるように、シンクの位置を決めましょう。

□キッチンリフォームの費用

キッチンリフォームは、その種類により費用が異なるでしょう。
一番安価なI型キッチンは50~150万円で、その次にL型キッチンの55~200万円が比較的安いでしょう。

I型キッチンは、キッチンのすべての機能が一列に並んでいるものです。
キッチンの位置を変更したい場合は、上記の費用よりも高額となる場合があります。
また、デザインや機能を良くすると、費用が高くなる傾向があります。

L型のキッチンは、I型よりも複雑な形であるので、若干費用が高くなっています。
I型同様、位置の変更や機能とデザインをアップグレードで高くなります。

アイランド型やペニンシュラ型は少し高めで、アイランド型は150~200万円、ペニンシュラ型は60~200万円必要です。

アイランド型は、独立したキッチンスペースの事を指します。
他の形のキッチンからアイランド型へ変更する場合は、100万円の予算がかかるでしょう。
アイランド型は、お洒落で機能的であるため大変人気となっています。
もし、アイランド型への変更を希望される方は、より安価に施工する為に業者にご相談ください。

ペニンシュラ型は、アイランド型の片端が壁にくっついている半独立キッチンです。
匂いの拡散を防ぎながら、お洒落なキッチンにできるでしょう。
こちらも他の形からの変更で60万円以上必要です。

□まとめ

キッチンリフォームで後悔しないコツについてご理解いただけたでしょうか。
これからリフォームを控えている方は、失敗しない為に予算やデザインについて検討しましょう。
キッチンリフォームについてご不明な点がございましたら、当社までお気軽にご相談ください。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

B-plus

リショップナビアワード2020 ユーザー満足優良会社部門 ガーディアンズ株式会社

Guardian Home & Angeluxes

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.