tel.045-900-1470 
お気軽にお問い合わせください。

〒230-0075 
神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-37-36
営業時間:9:00 ~ 18:00

HOME > スタッフブログ > お風呂をリフォームする際の注意点とは?リフォームをご検討されている方は必見!

お風呂をリフォームする際の注意点とは?リフォームをご検討されている方は必見!

2021-05-16

お風呂は毎日使う場所なので、特にリフォームで失敗したくないですよね。

またお風呂は体をきれいにするだけでなく、毎日の疲れをとる大切な場所です。

今回は、お風呂リフォームでの失敗例や注意点をご紹介します。

□浴室リフォームでの失敗をご紹介!

どんなリフォームでも、実際の失敗例を知っておくと役に立ちます。

特に初めてのリフォームだと、どこで失敗しやすいかわからないですよね。

ここでは、失敗例を3つ見ていきましょう。

1つ目は、お風呂に使う素材を変えた結果、カビだらけになってしまったことです。

みなさんもご存知の通り、お風呂は家の中でも特に湿気が多い場所ですよね。

日頃のお手入れにもよりますが、素材によってはカビが生えやすい場合もあります。

そのため、お風呂のリフォームで素材を変えたい場合は、防カビ効果や抗菌効果があるものを選ぶと良いでしょう。

2つ目は、浴槽が狭くなってしまったことです。

お風呂を「疲れを取る場所」として考えたとき、浴槽の大きさを考慮することは大切です。

おしゃれさや機能性の高さだけでなく、実際に使うときに物理的に十分な広さが確保できるかも重視しましょう。

また、女性や子供にとっては十分な広さでも、男性には窮屈な場合があるので、ご家族の構成に合わせることも大切ですね。

3つ目は、使わない機能や設備をつけたことです。

お風呂につけられるオプションはたくさんあります。

例えば、ジェットバスやミストサウナに憧れる方も多いですよね。

しかし、せっかくオプションをつけたのに全然使わなかったケースも少なくありません。

本当に必要な設備かどうかを考えた上で、つけるかどうかを決めましょう。

 

□お風呂リフォームで注意する点とは?

ここでは、実際にリフォームする際に気をつけると良い点を見ていきましょう。

1つ目は、リフォーム前に実物を見ておくことです。

ウェブサイトやパンフレットでは良く見えても、実物を見ると微妙だったということもあります。

そのため、細かな質感や色、作りを目で見て確かめておきましょう。

2つ目は、予算との兼ね合いを確認しておくことです。

お風呂に限らず、リフォームの際は希望を全て詰め込むと予算オーバーしてしまうことが多いです。

そのため、リフォームの第一の目的として修繕を意識しましょう。

それが予算内で叶えられる場合は、デザインや機能の改善、さらに要望の実現を目指すと良いですね。

 

□まとめ

本記事では、お風呂をリフォームする際の注意点をご紹介しました。

失敗例をあらかじめ知っていることで、ご自身がリフォームするときに失敗する確率を下げられるでしょう。

また、ご紹介したポイントも参考にリフォーム計画を立ててみてください。

横浜・川崎でリフォームをお考えの方は、ぜひ当社にお任せください。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

0円リフォーム

B-plus

断熱リフォームの窓口

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.