tel.045-900-1470 
お気軽にお問い合わせください。

〒230-0075 
神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-37-36
営業時間:9:00 ~ 18:00

HOME > スタッフブログ > お風呂のリフォームのタイミングについて詳しく紹介します!

お風呂のリフォームのタイミングについて詳しく紹介します!

2021-10-18

「そろそろお風呂のリフォームをしたいけれど、いつすべきのか」、「お風呂のリフォームのタイミングを知らせるサインとは」と思う方も多いでしょう。

そこで今回は、お風呂のリフォームのタイミングとリフォームのサインについて紹介します。

□お風呂のリフォームのタイミングとは

お風呂のリフォームのタイミングは、15~20年が目安と言われています。

見た目はそこまで劣化していなくても、内部がボロボロになっている可能性があります。

内部がボロボロの状態で放置すると、修繕費が高くなってしまいます。
なぜなら、内部がボロボロになると、木材が腐食します。
こうなってしまうと、この腐食した木材を交換しないといけないので、追加で費用がかかります。

また、20年前の設備をそのままにしてると、光熱費が今の設備に比べ、高くなる傾向にあります。
そのため、昔の設備のまま使い続けると、毎月少しずつ損をしているかもしれません。

□お風呂のリフォームを知らせるサインとは

上で述べたように、外部は普通でも内部の環境が悪いことがあるので、パッと見ただけではリフォームのタイミングがわかりにくいでしょう。

そこで、リフォームのサインを紹介します。

1つ目は、築20年を過ぎて、お風呂のメンテナンスを一度もしていない場合です。

お風呂のリフォームのタイミングは、15~20年なので、この条件が当てはまる場合は早急にリフォームすべきでしょう。

2つ目は、隣にある洗面脱衣質の床がぶよぶよしている場合です。

この場合、構造部分まで腐食が進んでいる可能性があります。
3つ目は、お風呂の壁や床、浴槽にヒビワレ、サビが出ている場合です。

この場合も、2つ目と同じ可能性があるので、早めに対処しましょう。

4つ目は、カビがひどくなってきた場合です。

5つ目は、排水口の掃除をしても排水が流れにくい、どことなく臭う場合です。

6つ目は、水栓金具の温度調節がききにくくなってきた場合です。

7つ目は、お風呂の外の壁に水が染み出た跡がある場合です。

これも、2つ目や3つ目と同じく、内部の腐食が考えられます。

特に注意すべき場合以外の時でも早めに対処することで、無駄な補修費がかからない、光熱費が安くなる可能性があります。

ひとあし早いリフォームをしてみてもいいでしょう。

□まとめ

今回は、お風呂のリフォームのタイミングとリフォームのサインについて紹介しました。

期間としては、15~20年が目安ではありますが、リフォームのサインがみられる場合は、15年経っていなくても、リフォームすべきでしょう。

お風呂のリフォームでご不明な点がありましたら、ぜひ当社にご相談ください。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

0円リフォーム

B-plus

断熱リフォームの窓口

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.