HOME > スタッフブログ > 風呂リフォームお考えの方へ!リクシルのお風呂がおすすめです!

風呂リフォームお考えの方へ!リクシルのお風呂がおすすめです!

2022-03-30

「お風呂のリフォームを検討している」
「リクシルがどんなものかお風呂が気になっている」
このようにお考えの方も多くいらっしゃるでしょう。
今回は、風呂リフォームを検討している方へリクシルのお風呂について紹介します。

□風呂リフォームでできるリクシルのお風呂の特徴とは?

リクシルでは、さまざまな機能が開発されています。
清掃性や保温機能など目的は様々ですが、多様なアイデアが実現されています。
主な機能は以下の通りです。
・くるりんポイ排水口
・キレイドア
・キレイ鏡
・キレイサーモフロア

「くるりんポイ排水口」は、ワンプッシュで排水が可能になっている排水口のことです。
浴槽の残り湯を利用して渦の流れを発生させることで、排水口に汚れが付きにくくする機能です。
また、排水口のごみを片手だけで除去できる便利な機能も付いています。

「キレイドア」とは、ドアの下部の換気口をドアの横部分に移すことで、すっきりとしたデザインを実現させたものです。
ほこりがたまりにくいので、掃除が楽になる点がメリットです。

浴室のガラスや鏡がくもっていることのお悩みの方はいらっしゃいませんか。
鏡のくもりの原因は水垢の汚れによるもので、リクシルの「キレイ鏡」を使うと解決できます。
特殊なコーティングがなされていて水をよくはじくので、白くこびりつきやすいシリカ汚れを予防してくれます。

「キレイサーモフロア」は、冬でも浴室の床が冷たく感じにくい設計になっています。
従来浴室で使用されている床よりも、逃げてしまう熱の量を25パーセントも低減してくれます。
また、表面に特殊な加工処理も行われていて、汚れの原因になる皮脂汚れが落としやすくなっています。

□風呂リフォームの費用相場と事例をご紹介!

お風呂のリフォームにかかる費用は、浴室の広さやリフォームへの要望などによって大きく異なりますが、50万円から150万円が最も多い価格帯です。
実際にリフォーム会社に見てもらうまでは正確に把握できない場合が多いので、提案や見積を依頼しましょう。
川崎市、横浜市周辺で風呂リフォームを検討している方は、ぜひ当社にお任せください。

壁パネルの変更や、システムバスルームの入れ替えなどは100万円以内でできるリフォームの一例です。
マンションなどコンパクトな空間でのシステムバスルームの入れ替えなどの費用目安と考えるとよいでしょう。

100万円から200万円が予算の場合、こだわりの機能が選べたり、古いタイプの浴室からユニットバスに変更できたりします。
また、戸建て住宅の場合は、元の浴室サイズからサイズアップをすることも可能です。
より高級感が出るよう黒を基調とした浴室に仕上げたり、タイル張りだった浴室を最新のユニットバスに作り替えたりなどのリフォーム事例があります。

さらに高額になって200万円以上の予算を用意できる場合は、浴室のグレードを高めることができます。
高級ホテルのような浴室にしたり、ドアや窓などにこだわったりすることもできます。

□風呂リフォームの失敗例をご紹介!

*素材を変えたらカビだらけになった

お風呂は住宅の中でも最も湿気がたまりやすい場所です。
壁や床の素材を変えたことで、浴室内部がカビだらけになってしまう可能性があります。
防カビ効果のある素材を壁や床に採用することで予防できるので、しっかりと検討することが大切です。

*浴槽が狭くて窮屈

機能性やデザインだけを重視して浴槽を決めた結果、浴槽が小さくて後悔してしまうケースがあります。
快適に入浴するためには、浴槽の大きさも重要なポイントです。
特に、女性や子供が入浴するにはちょうど良くても、大人の男性は窮屈に感じてしまうことが多々あります。
家族全員がゆとりをもって入浴できるサイズを選ぶようにしましょう。

*浴室が広すぎて寒くなってしまう

広い浴室にはあこがれてしまいますが、浴室が広すぎると保温効果が下がってしまいます。
また、掃除の手間も増えてしまったり、入浴中に落ち着かなくなってしまったりすることもあります。

*機能や設備のメンテナンス

ジェットバスやミストサウナなどの機能が備わった浴室があります。
張り切って最新の設備を導入することは悪いことではありせん。
しかし、こういった機能は、気づいたときには使わなくなっていたというケースが非常に多いです。
設備が増える分メンテナンスやお手入れも大変になるので、これらを考慮して設備の導入を検討しましょう。

*窓が大きくて落ち着かない

浴室の窓を大きくすると、開放感が出て室内も明るくなります。
しかし、浴室の場合は外からの視線が気になってしまったり、断熱性が落ちてしまったりする原因になります。
窓の大きさにも十分配慮をしましょう。

□まとめ

今回は、風呂リフォームを検討している方へリクシルのお風呂について紹介しました。
本記事を参考にしていただければ幸いです。
川崎市、横浜市周辺で風呂リフォームを検討している方はぜひ当社にお任せください。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

B-plus

リショップナビアワード2020 ユーザー満足優良会社部門 ガーディアンズ株式会社

Guardian Home & Angeluxes

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.