tel.045-900-1470 
お気軽にお問い合わせください。

〒230-0075 
神奈川県横浜市鶴見区上の宮1-37-36
営業時間:9:00 ~ 18:00

HOME > スタッフブログ > これからキッチンのリフォームを始める方に向けておすすめのメーカーを比較します!

これからキッチンのリフォームを始める方に向けておすすめのメーカーを比較します!

2021-12-12

「おすすめのメーカーとそれぞれの特徴を知りたい」
キッチンリフォームをお考えで、このような悩みをお持ちの方は多いです。
今回は、おすすめのメーカーとそれぞれの特徴をご紹介します。
キッチンメーカーを選ぶ際の比較ポイントとキッチン選びで後悔しないためのポイントもご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

□おすすめのメーカーとそれぞれの特徴をご紹介!

近年どのキッチンメーカーもデザインや機能面が進化しており、キッチンがただ料理をするだけの空間ではなくなっています。
最近では、共働きのご家庭が増えていることから、料理をしながらでも家族とコミュニケーションが取れるようなレイアウトが人気です。
また、家族以外の友人との料理や食事を楽しみたいといったニーズが増えています。
そこでここでは、おすすめのキッチンメーカー3つとそれぞれの特徴をご紹介します。

*TOTO

TOTOのシステムキッチンの最大の特徴として、日々のお手入れに手間がかからないことが挙げられます。
シンクや換気扇部分の鉄板が継ぎ目のない構造になっていることから、汚れを拭き取るだけで簡単にお手入れができ、衛生面から見ても非常に魅力的な特徴です。

*LIXIL

旧サンウェーブ工業の時代から、キッチンの引き出しや収納の1つ1つに特徴を持っています。
品質や価格、デザインのバランスが良いことが特徴として挙げられます。
また、モノの出し入れが自由な引き出しや収納も人気を得ている理由でしょう。

*Panasonic

スタイリッシュで高い機能性を持つデザインが特徴的です。
収納が大きく掃除が楽で、家電メーカーならではのこだわりで省エネにも力を入れています。
特にレンジフードは豊富な種類から選べます。

中でも、「10年間ファンのお掃除不要」というコンセプトを持った全自動お掃除ファン付き「ほっとくリーンフード」は注目すべき商品です。
気になった方はぜひPanasonicのキッチンを検討してみてくださいね。

□キッチンメーカーを選ぶ際の比較ポイントとは?

ここでは、キッチンメーカーを選ぶ際の比較ポイントを3つご紹介します。

1つ目は、価格帯です。
リフォームでよくある失敗として、予算オーバーが挙げられます。
そのため、価格帯は比較すべき重要なポイントなのです。
メーカーによっても価格帯は異なりますが、相場の目安は50万円〜150万円程度です。
グレード別の価格相場については以下の通りです。

・スタンダードグレード:約50〜90万円
・ミドルグレード:約70〜100万円
・ハイグレード:約100〜150万円

2つ目は、キッチンの機能性です。
機能性としてチェックしたいポイントは以下の通りです。
どのポイントを重要視するかは、家族構成やライフスタイルによっても異なりますが、ぜひ参考にしてみてください。

・掃除のしやすさ
・収納力
・省エネ性
・耐久性

3つ目は、キッチンのデザイン性です。
キッチンとしての機能が最低限備わっていれば問題ないといった考えをお持ちの方も多いですよね。
その場合は、デザイン性にはこだわらないでも良いでしょう。
反対に、細部までこだわりたいとお考えの方は、好みのメーカーを見つけてオプションの変更が可能かどうかも確認しておきましょう。

□キッチン選びで後悔しないために!押さえておきたいポイントをご紹介!

1つ目は、調理スペースの大きさについてです。
近年のシステムキッチンはシンクが大きく、コンロが多機能のものが増えています。
機能的にこれらに注目してしまい、シンクやコンロを優先して調理スペースが狭くなってしまったことで、後悔する人も少なくありません。

調理スペースの目安として、最低限幅60cmは確保し、90cmあると理想的な広さです。
実際に調理するイメージをしながら快適な広さのキッチンを実現してくださいね。

2つ目は、キッチンの通路の広さについてです。
一見、キッチン選びとは関係なさそうですが、キッチンで調理するときに動きやすいようレイアウトを考えることは重要なポイントです。

3つ目は、作業しやすい高さについてです。
キッチンが使いやすいかどうかは高さによっても大きく左右されます。
一般的に使いやすいキッチンの高さは「身長/2+5cm」で求められるので、参考にしてみてください。

4つ目は、収納の広さについてです。
どのくらいの食器があるのか、炊飯器やトースターといった電化製品はどこに配置するのかなど、収納がどれくらい必要なのかを考えることも非常に重要です。
収納するものが多い場合は、背面収納を設けることを検討してみても良いでしょう。
特に、使用頻度が高いものは背面収納を活用すると便利です。

□まとめ

今回の記事では、キッチンリフォームを検討中の方に向けて、おすすめのメーカーとそれぞれの特徴、キッチンメーカーを選ぶ際の比較ポイント、キッチン選びで後悔しないためのポイントをご紹介しました。
当社では、一級建築士によるリフォーム提案をしております。
川崎市、横浜市周辺で検討中の方はご連絡ください。

オンライン相談会実施中!詳しくはコチラから

ガーディアンホーム新築事業部

0円リフォーム

B-plus

断熱リフォームの窓口

Copyright © Guardian Home. All Rights Reserved.